001: 50 to 432MHz Transverter

 私にとって50MHzの次の目標は430MHzだったので、1980年にこのトランスバータを製作した。最初に380MHz/384MHzのLoユニットを作り、良好な局発純度を得ることに集中した。次に1SS43を4本使ったDBMユニットと2SC2367のW1JRタイプ受信アンプを組み込んだ。
 送信はBPFを通過した-20dBmの信号を2SC1424-2SC1424-2SC1426-2SC2283の4段アンプで50dB増幅し、良質な+33dBmを得ている。暫く2Wで運用した後、三菱のM57716のステージを追加したので飽和電力は20W弱までアップした。
 このトランスバータは1980~1994年の間、地表波DX、AO10/13衛星通信、432MHzEMEなどに活躍してくれた。


50MHz input less than +10dBm, 432MHz output +42dBm, NF=2.5dB, conversion gain 28dB, DC13.5V
This transverter was made in 1980 because the following target of 50MHz was 430MHz. First of all, I made the Lo-osc unit of 380MHz/384MHz and concentrated on the signal purity improvement. Next, W1JR type low noise amplifier of 2SC2367 and four 1SS43 DBM unit was incorporated. The mixer output of -20dBm was amplified by 50dB with four stage amplifier of 2SC1424-2SC1424-2SC1426-2SC2283, and 430MHz +33dBm (2W) of good quality was obtained.As I added the power amplifier stage of Mitsubishi M57716 afterwards, the saturation power has increased up to 20W or less. This transverter was taken an active part to ground wave DX, AO10/13 satellite communication, and 432MHzEME in 1980-1994.50MHz input less than +10dBm, 432MHz output +42dBm, NF=2.5dB, conversion gain 28dB, DC13.5V

 

 

<<PREV _____ NEXT>>

2017年07月06日