001: FET Dip meter for UHF 430MHz band

 430MHzの機器を製作するために必要だったので1978年に製作。UHF-TVコンバータユニットを改造し、ヘアピン型コイルのコルピッツ型発振器を2SK19で仕立てた。周波数可変範囲は385MHz~520MHz、レンジ内でレベル差が大きい場合はチョークコイルを巻きなおしてみるのが良い。私の場合も数回やり直した覚えがある。
 ディップメータとしての使い勝手は十分で、同軸キャビティアンプやK2RIWアンプなどの製作にはとても重宝した。


As a dip meter was necessary to build 430MHz equipment, I modified a UHF TV converter unit into the 2SK19 colpitts oscillator with a hairpin type of coil which is adequate for 430MHz in 1978. The frequency variable range is 385MHz-520MHz. If the oscillation level difference is outstanding in the range, you should rewind the choke coil to change the inductance value slightly. I remember that I did it over again several times.

The sensitivity could be met and convenience was enough. It came in handy very much in making of coaxial cavity amplifier and K2RIW amplifier etc..

 

 

 

<<PREV _____ NEXT>>

2017年07月06日